FC2ブログ
 

royalblue

雑記

昨日のMカウントダウン
1位候補になると思ってたのにならず。
色々考えても、昨日が最大のチャンスで
今回の活動の最後のチャンスだと思っていたので
残念です

CD、DVD等の売り上げ枚数の変化をみても
やはりファン、または一生懸命なファンが減ったんだろうなと思います。



昨日のサイン会でのユノの言葉

ブルー@pink_b42 さま訳
ユノが最後挨拶の時ほんとは自分も大変でイライラしたりもしたんだけど..
だけど今日ファンのみんなが話してくれるの聞きながらすごく元気がでた、
みんなの一言一言がとても力になるって言ったㅠㅠㅠ...
良かった、ユノのおかげでとても幸せだとちゃんと伝えられて。



ブルー@pink_b42 さま訳
おっぱ、私おっぱに本当に伝えたい事があるんだけど。と、いったら
To.書いてサインゆっくりしてくれたユンホ
おっぱ私hugのと時からおっぱのファンでいて、ただの一度も後悔したことないです..
本当にこんなに幸せでいいのかと思うほど幸せで..
だからおっぱも絶対幸せでいてくれたら嬉しいです

ストレートにユノに感謝を伝えてくれてありがとう!という気持ちです。



ユノは体も疲れていたようですし、多分
夢と期待を持って臨んだカムバが、多分ユノの期待通りにはならず
尚更疲れがたまっていたんだろうと思います。

あれから色々考えても、ユノは
いつでも真摯にファンに向き合い、生きているのに
本当に報われないなと。
情熱情熱と言われているけれど、
人間いつも自然に情熱が出てくるわけではないですよね。







MVの件以降、まだモヤモヤしている方も多いと思います。


自分はどうなのかというと


日韓関係、韓国の事など
私も思うところは多々あり
嫌だな・・・と思うことも多々あり。
でも、そのピークは過ぎました。

行きついたところは

やはり歴史と文化の違い。これに尽きますよね。
恥ずかしながら、トンペンになってから歴史をきちんと勉強し直しました。
何年日本の支配下にあったか すら知りませんでしたので…

日本人が思っている韓国人の「親日」と、韓国人の言う「親日」が
全然違うこともトンペンになってから知りました。

実は、韓国の嫌なところの縮図が出て行った3人、特にJSだと思ってました。




でも、韓国人のファンになるのは
東方神起が最後だと思います。




そして、東方神起を取り巻く環境の変化への覚悟。

分裂時、事務所関係で簡単に活動が無くなったりしたことは
やっぱり結構なトラウマになっていて

今まで何度もあちら3人の日本活動が始まるっていう話が
ある度に、東方神起の活動の心配が胸をよぎりました。
そしてJJの日本活動が始まり、その事務所が事務所なだけに
今後どうなるのかな?と思ってました。

東方ダンサーさん等の、漠然とした言葉や
ユノやチャンミンの言葉等から、SM、エイベの中で
今までとは違う状況なんだろうなと。

エイベの力は弱まっていますし、SMも、そういうことが原因なのかどうかは
わかりませんが、日本での地盤を自分たちで
作ろうとしてるんでしょうね。

でもそれは兵役前から始まっていたことですし

なんとなく変化の兆しをずっと感じており、少しずつ覚悟ができていた。

ビギアゲツアーの時、次も同じメンバーが集まってくれのかな・・・と思ったりしてました。

また、再始動の成績がイマイチでしたよね。
芸能界って、結局は事務所だと思うんですが
唯一それに対抗できるのは「数」だと思うんです。
今後はその点でも心配です。



そして、SMの仕事ぶりを知っていること。

SMはまず、空気の読めない会社なんですよね。
ファンも気持ちも汲み取らないですし。

そして、大きいことをやろうとするのに細部はいい加減。

これを嫌というほど知っていますし
今までの色々なパターンから、今回のことで
2人からのコメント等はないだろうと思ってました。


そういうことを踏まえて、自分はこれからどうしたいのか?と
考えると、ユノの芸能活動を追い続けたい。
ユノの声とダンスが好きだから。
これに尽きます。


今回の運命は、インパクトはないものの曲は好きです。
でも、ダンスはちょっと・・・
一番いいのはユノがインスタでやってるあの部分。

全体的にせわしなく動くわりに見せ場が少なく、効率が悪いと思って見ています。
正直、東方神起が他と差別化できる部分は
ユノのダンスなんですよね。
そこをもう少し考えてほしいと思っています。

でも、あのダンスをあんなにきれいにきっちり踊るユノはさすがです。




今回のカムバの成績は、今後のカムバ活動に影響するだろうと思います。
リパケはどうなんでしょうね。

とりあえずは残りの活動、そしてソウルコンの成功を願います。

私自身も行けるところまで行こう。
今を楽しもうと思っています。









スポンサーサイト

PageTop